スポーツ

元西武・相内誠が格闘家で年末のRIZINデビュー?RIZINとは?

西武の相内誠元選手が2020年11月2日に西武ライオンズを戦力外となり、現役引退となりました。

相内誠元選手というと、野球の成績より数々の不祥事を起こしたことで有名となっていましたね。

西武の問題児と言われていた相内誠元選手が、格闘家として年末の「RIZIN.26」でデビューすると話題になっています。

そんな相内誠元選手について

  • 元西武の相内誠選手はどんな選手だった?
  • 相内誠は格闘家で年末のRIZINデビューするのか?
  • RIZIN26とは?

を「元西武・相内誠が格闘家で年末のRIZINデビュー?RIZINとは?」と題してまとめてみました。

元西武の相内誠選手はどんな選手だった?

相内誠投手は、2012年にプロ野球ドラフトで埼玉西武ライオンズに2位指名された。

入団前、入団後も数々の問題を起こしてきている選手でした。

謹慎処分も8年間で4度といった具合です。

その内容は下の通りでした。

  1. 2012年仮契約後、深夜に仮免許運転違反とスピード違反で警察に摘発された。
  2. 2014年未成年の飲酒と喫煙が発覚。6ヶ月の謹慎処分
  3. 2018年自損事故。数試合の出場停止、1年間の運転禁止処分
  4. 2020年コロナ禍での外出自粛期間中にゴルフに行き、無期限の対外試合禁止。

相内誠のプロフィール・経歴

名前:相内 誠 (あいうち まこと)
出身地:千葉県
生年月日:1994年7月23日 (26歳)
身長:185cm
出身高校:千葉国際高等学校
ポジション:投手

甲子園出場はないが、千葉国際高校時代は「房総のダルビッシュ」と呼ばれていた。

スポンサーリンク

相内誠は格闘家で年末のRIZINデビューするのか?

相内誠元選手は、プロ野球引退した2日後には都内のジムでトレーニングを始めています。

プロ野球の練習の合間にもジムでキックボクシングのトレーニングを積んできており、本人も「きついけど、新鮮さがある」とコメントしています。

現在は、埼玉県内のジムで体力・筋力を戻すトレーニングに取り掛かっている。12月からは本格的な練習となるようです。

RIZINへのデビューについては、まだ決まっていませんが、本人は「挑戦したい」と語っています。

プロ野球界を去ってから、わずか58日でのリングインとなれば、批判的な声も予想されるが「言われて当然だと思うけど、可能性があるならやりたい。盛り上がると思うし、勝てば希望を与えられる。いいことしかない」と相内。「人には必ず合うものがある。野球はダメだったけど、格闘技で成り上がったら、それを証明できる」と自信をみなぎらせた。無限の可能性を信じ、吉報を待つ。

引用:スポニチ

スポンサーリンク

RIZIN26とは?

RIZINとは「RIZIN FIGHTING FEDERATION」が正式名となり、総合格闘技、キックボクシングの試合を開催・運営する競技会となります。

毎年、大晦日に総合格闘技のRIZINが放送され、高い視聴率を上げている。

2020年大晦日は、埼玉アリーナで「RIZIN.26」が行われる予定。

その日の夜フジテレビで放送予定となっています。

公式サイト:フジテレビ・RIZIN

まとめ

西武ライオンズを戦力外となった相内誠元選手が、格闘家として年末のRIZINにデビューするのかをまとめてみました。

また、出場が決定し、対戦相手などがわかり次第、追記していきます。