季節イベント PR

祇園祭2024歩行者天国は何時から?交通規制や混雑状況まとめ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

京都の夏の風物詩でもあります祇園祭の山鉾巡行が開催されます!

祇園祭は7月1日〜31日の1ヶ月間開催されていますが、中でも山鉾巡行当日、宵々山、宵山が一番多くの人が訪れ賑わいます。

特に前祭の7月15日の宵々山、7月16日の宵山は交通規制され、一部の道路では歩行者天国になり、露天などがたち並びます。

今回は京都・祇園祭の歩行者天国について

  • 祇園祭の歩行者天国になる時間と場所は?
  • 祇園祭の混雑はいつ?
  • 祇園祭の交通規制は?

などをまとめてみました。

祇園祭2024の歩行者天国になる時間と場所は?

京都・祇園祭の歩行者天国になる時間帯や場所を調べてみました。

京都・祇園祭は7月1日〜31日の1ヶ月間開催され、前祭の宵々山の7月15日と宵山の16日が歩行者天国となり一番賑わう日となります。

歩行者天国の日程と時間
2024年7月15日(月)18:00〜23:00
2024年7月16日(火)18:00〜23:00

歩行者天国になる通り

  • 四条通り(東大路通~堀川通り)
  • 烏丸通り(御池通~高辻通り)
  • 室町通り(三条通~高辻通り)
  • 新町通(蛸薬師通り~高辻通り)

 

出典:京都府警HP

 

京都のメインストリートとなる四条通りと烏丸通りが歩行者天国となり、多くの屋台が出店されます!

屋台が出店される時間帯が気になりますね。
▼こちらでまとめています!↓▼
→祇園祭2022屋台の日程・場所と時間は何時まで?穴場スポットはどこ?

 

前祭の7月14日と後祭の7月21日〜23日は、四条通・烏丸通等の歩行者天国も屋台も出店はありません。

 

スポンサーリンク

京都・祇園祭の混雑はいつ?

最も混み合うときは下の通り。

  • 前祭の宵山:7月16日(火)
  • 前祭の山鉾巡行:7月17日(水)
  • 後祭の山鉾巡行:7月24日(水)

京都・祇園祭の期間中で一番混雑するのが、前祭の宵山の7月16日になります。

 

特に夜の時間帯になると、京都の四条に出回る人の数は約2万人以上と言われています。

京都祇園祭2024屋台何時から?出店場所と穴場はどこ?京都の夏の風物詩の祇園祭の山鉾巡行が2024年7月17日と24日に開催されます。 祇園祭は7月1日〜31日までの1ヶ月間にわたり祭事行...

 

また、717日の前夜祭と724日の後祭の「山鉾巡行」も見学客が多く混み合います。

 

スポンサーリンク

京都・祇園祭の交通規制は?

京都・祇園祭の期間は京都市内の交通規制が行われています。

7月10日(水)〜24日(水)までは、四条通り周辺で祭事によって期間中の交通規制が実施されます。

日程ごとの地図や区間は京都府警のホームページで詳しい情報があります。

もし、この期間に京都市内に車で行く場合は、ご注意ください。

一番混み合う山鉾巡行の7月17日(水)になります。

前祭山鉾巡行に伴う交通規制 2022年7月17日

京都 祇園祭2024の市バスの線路変更や臨時便は

京都の祇園祭の期間中は、交通規制もありいつも以上に交通渋滞が発生します。

京都での移動に欠かせないのが、市バスです!

市バスについても祇園祭期間は、路線変更など発表されています。

 京都市交通局のホームページに祇園祭期間中について更新されています。【京都市交通局はこちら

また、山鉾巡行に合わせて 京都駅から四条河原町まで、10分間隔で臨時便が増発されています。

前祭山鉾巡行 7月17日(水) 9:00~12:00ごろ 臨時バス時刻表
後祭山鉾巡行 7月24日(水) 9:30~12:30ごろ 臨時バス時刻表

 

まとめ

今回は京都・祇園祭の歩行者天国の時間や場所についてまとめてみました。

祇園祭の期間中の歩行者天国は前祭の7月15日・16日の2日間の18時〜23時となっています。

期間中は交通規制もあり、車での移動には注意が必要です。