スポーツ

川淵三郎の家族構成や経歴がスゴイ!失言が心配とネットの反応も!

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗氏が、女性蔑視発言、逆ギレ謝罪会見などで辞任の意向を受けて、後任に日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏が就任されると話題になっています。

川淵三郎氏というと、日本でプロサッカーJリーグ設立、発展に尽力された方で、ご自身もサッカー選手として日本代表でオリンピックに出場されています。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長にふさわしい方だと思いますね。

そんな川淵三郎氏の家族や年齢などが気になりますね。

そこで今回は「川淵三郎の家族構成や経歴がスゴイ!東京オリ・パラ会長へのネット反応も」と題して調べてみました!

川淵三郎の家族構成は?

川淵三郎氏の家族構成は、妻、娘さん2人の4人家族です。

奥様や娘さんお二人とも一般人ですので、お名前や年齢など公開されていませんでした。

ただ、川淵三郎氏は1962年12月にご結婚されていて、奥様の年齢も川淵三郎氏と同じくらいの80歳前後かと思われますね。

お二人の娘さんもすでにご結婚されてお孫さんもいらっしゃるのではないかと思われますね。

ご自身のツイッターで2021年のお正月に普段は別々に暮らす家族8人で過ごされたことを更新されていました。

新型コロナウイルス感染予防に最大限の配慮をした上で普段は別々に暮らす家族8人が集結したことを報告されています。

「20年近くお正月恒例で孫たちは2日に来て3日夜遅くまで遊んで帰ります。去年は僕がインフルに罹った為初中断でした。トランプや百人一首、僕が子供の頃吉岡先生に習ったいろんな遊びを親子8人で楽しみます。去年から麻雀をするようになり今年は麻雀一色。役作りも出来るようになり何と字一色の役満を!?」と最初に投稿。

引用:スポニチ

 

スポンサーリンク

川淵三郎の経歴がスゴイ!

川淵三郎氏は、元プロサッカー選手で日本代表、東京オリンピックに出場歴があるスゴイ人なのです!

現役引退後もサッカー日本代表監督を経て、プロサッカーリーグ設立(Jリーグ)、初代チェアマンを就任、その後も9競技12のトップリーグの協会の改革などに取り組んで活躍されています。

川淵三郎のプロフィール

名前:川淵三郎 (かわぶち さぶろう)
生年月日:1936年12月3日(84歳)
出身地:大阪府高石市
出身高校:大阪府立三国丘高等学校
出身大学:早稲田大学第二商学部商学科

川淵三郎氏は中学時代は、野球部に所属していました。

高校入学後にサッカー部に入部しています。大学に進学後もサッカー部でプレーし、関東大学サッカーリーグ戦で優勝しています。

 

川淵三郎の経歴

川淵三郎氏の経歴がスゴイですね。

現役引退後は、サッカー日本代表の監督を務め、その後現在のJリーグの創立にも尽力されてきました。

近年は、日本バスケットボールの新リーグ発足にも牽引して、2015年には日本バスケット協会会長にも就任して、バクケットボールリーグの立て直し、新たな「Bリーグ」を作り上げています。

現役引退後の経歴

1972年~1975年 古河電気工業サッカー部監督就任

1976年~1979年 日本サッカーリーグ常任運営委員就任
1980年6月 LA五輪強化部長に就任

1980年11月 日本代表監督代行就任
1981年 日本代表監督退任

1984年4月 日本サッカー協会強化部長退任
1988年10月 日本サッカー協会理事就任

1989年6月2日 JFA・プロリーグ委員会委員長就任
1990年8月 プロリーグ検討委員会委員長就任

1991年3月 強化委員長・プロリーグ設立準備室長就任
1991年11月 社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)設立し初代チェアマン就任

1991年11月 古河電気工業退社

1994年5月 日本サッカー協会副会長就任
1994年6月 W杯日本招致委員会実行副委員就任
1994年10月 強化委員長退任

1996年7月 2002年W杯開催準備委員会実行副委員長就任

1997年12月 2002年FIFAW杯日本組織委員会理事就任

2002年7月 Jリーグチェアマン退任・日本サッカー協会会長(キャプテン)就任

2008年6月 日本サッカー協会会長を退任・名誉会長に就任

2010年9月 日本サッカーミュージアム館長就任(任期は2年)

2011年5月 日本将棋連盟非常勤理事就任

2011年6月~2012年11月22日 東京都教育委員就任

2012年4月 JFAアカデミー堺スクールマスター就任

2012年6月 日本サッカー協会名誉会長退任・日本サッカー協会最高顧問就任

2015年1月 国際バスケットボール連盟主導で設立された日本バスケットボール協会改革のためのタスクフォース「JAPAN 2024 TASKFORCE」のチェアマン就任

2015年4月 一般社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ理事長就任

2015年5月 日本バスケットボール協会会長就任
2015年5月 日本トップリーグ連携機構会長就任

2016年6月 日本バスケットボール協会会長退任・エグゼクティブアドバイザー就任

2018年3月 日本サッカー協会最高顧問退任・日本サッカー協会相談役就任

2019年3月 一般社団法人大学スポーツ協会顧問就任

2019年12月 東京オリンピック・パラリンピック選手村村長就任

 

スポンサーリンク

川淵三郎の失言が心配とネットの反応も

川淵三郎氏のスポーツ発展に尽力され、実績がスゴイことがわかりました。

ただ、川淵三郎氏は過去に失言もあり、ネットでは心配の声も上がっています。

まとめ

今回は、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長に森喜朗氏に変わり、川淵三郎氏が就任されることが話題になっていました。

川淵三郎氏の家族や経歴について「川淵三郎の家族構成や経歴がスゴイ!失言が心配とネットの反応も」と題してまとめてみました。

2021年7月東京オリンピック・パラリンピックまであと少しですが、安心安全な開催ができるように願いたいものですね。