テレビ番組

山下智久の恋に落ちた家の中止理由は?オリジナル映画と違いすぎるから?

山Pこと山下智久さん主演で韓国映画『建築学概論』のリメイク『恋に落ちた家』がNetflixで映画化される予定でしたが、制作が中止になったことを発表しました。

山下智久さん主演ということもあり、日本版の『建築学概論』に期待していた方も多かったのではないでしょうか。

急な制作中止の発表で何が起こっていたのかわかりませんね。

今回は、山下智久さん主演『恋に落ちた家』制作中止の理由を探っていきたいと思います!

山下智久の『恋に落ちた家』制作中止

山下智久さん主演のNetflix映画『恋に落ちた家』の制作が中止されていたことが明らかになりました。

リメイクの『恋に落ちた家』では6年ぶりとなる山下智久さんのラブストーリーで楽しみにしていた方も多く、今回の中止は非常に残念ですよね。

 

スポンサーリンク

山下智久の『恋に落ちた家』制作中止理由は?

記事によると、Netflix映画『恋に落ちた家』の制作中止理由がわかりにくい説明なのです。

オリジナル版映画『Architecture 101』(編集部注:『建築学概論』の英題)に敬意を表することを優先し、この度各社同意の上同作の制作を中止いたしました

「全ての制作関係者がクリエイティブの方向性で満足できる作品の開発を目指してまいりました。しかし、オリジナル版映画『Architecture 101』(編集部注:『建築学概論』の英題)に敬意を表することを優先し、この度各社同意の上同作の制作を中止いたしました」

 

オリジナル映画に敬意を表すことを優先し〜。。。。?

 

何があったのでしょうか?

このことについて色々な憶測が上がっています。

  • 制作費が膨大となった
  • オリジナル映画との違いがありすぎ
  • オリジナル映画へのロイヤリティーが高い

中止になった理由は、日本側の制作関係者がクリエイティブの方向性で満足できる作品の開発を目指して制作したが、オリジナルとの違いがありすぎてオリジナル映画制作側との内容での合意ができなかったのではないかと思いました。

オリジナル映画の監督はイ・ヨンジュさんでした。

映画『建築学概論』はイ・ヨンジュ監督が、2003年から2011年かけて草稿からシナリオまでに長い期間かけて作られた作品であり、監督自身思い出深い作品だと思います。

 

また、Netflixの制作費の問題もあったのかもしれません。

Netflixの業績が下がっており、制作のコストダウンをはかっていることも考えられます。

実際に予定されていたアニメなどが制作キャンセルになっていることも起きているようです。

 

具体的な中止の理由がわかりましたら、追記していきます。

 

スポンサーリンク

山下智久の出演予定作品は?

山下智久さん主演の『恋に落ちた家』の制作中止、お蔵入りは残念です。

山下智久さんは2020年にジャニーズ事務所を退所後は、ハリウッド映画『Man From Toronto』に出演や海外ドラマ出演などに出演しています。

最近では、NHK『正直不動産』の主演を務め、話題となっていましたね。

そして、山崎賢人さんと土屋太鳳さん主演のNetflix作品『今際の国のアリスシーズン2』に山下智久さんも出演することが発表されました!

『今際の国のアリスシーズン1』は話題となった作品で、シリーズ2も期待されています。

シリーズ1からの豪華キャストに加え、山下智久さんの演技も楽しみですね。

2022年12月配信予定となっています。

まとめ

今回は韓国映画『建築学概論』をリメイクする山下智久さん主演Netflix映画『恋に落ちた家』の制作中止についてまとめてみました。

発表された理由が「オリジナル映画に敬意を表すことを優先し〜」ということでした。

はっきりとした中止理由はわかりませんが、オリジナル映画との相違があったのではないでしょうか。

山下智久さんの6年ぶりのラブストーリー出演でもあり、中止は残念でした。