タレント

Kokiヴァレンティノ広告で炎上!帯をヒールで歩く動画が批判殺到!

木村拓哉さんの次女・Kokiさんが高級ブランド「ヴァレンティノ」のビジュアル動画に批判が集まっています。

このビジュアル動画とは、2021年春夏コレクションのキャンペーンでKokiさんがモデルとして公式サイトやSNSなどで発表されたものです。

このビジュアル動画の演出に対しツイッターなどに批判が集まっていますが、モデルを務めただけのKokiさんにも批判が集まっています。

今回は、この「ヴァレンティノ」動画やKokiさんへの批判・炎上について調べてみました。

Kokiヴァレンティノ広告で炎上!

Kokiさんモデルの「ヴァレンティノ」の動画がこちら↓

空き地のような場所に着物の帯が一本道のように敷かれて、その上にKokiさんがヒールで歩いたり、ポージングをしている様子を撮影されてますね。

やはり違和感ありますよね。

着物の帯の上を歩くという行為が、ネット上で批判が殺到しています。

日本の伝統的な服飾品で工芸品。それを踏むというところに蔑みとまでは言わないけど、敬意が微塵も感じられなくて受け入れられません。ヴァレンティノは他国のブランドが自社の服を敷物としてヒールで踏んだり尻に敷かれて不快にならないのでしょうか?

引用:Exciteニュース

 

帯の作り手が気の毒。日本の文化や伝統を馬鹿にしているとしか思えない

帯を土足で踏みつけたこともだけど、炎上に対してコメント出さずに削除で沈静を待ってるのがなによりも腹が立つ。日本人、めちゃくちゃ舐められてるな

引用:Exciteニュース

 

スポンサーリンク

モデルKokiへの世間の声は?

今回の「ヴァレンティノ」の広告動画のモデルを務めたKokiさんへの批判の声や擁護の声などがあがっています。

今回の動画のモデルとして務めたKokiさんへの批判は可哀想な気がしますね。

 

スポンサーリンク

「ヴァレンティノ」の動画削除理由は?

この問題の動画広告は、ツイッターやインスタグラム、Youtubeで展開していましたが、批判が高まりすべて削除されてします。

「ヴァレンティノ」はこの動画広告の削除理由は公開されていません。

ただ、今回の動画広告の撮影者は中国人のFish Zhang氏で日本の寺山修司監督の「草迷宮」に影響されて作られたとのことです。

 

まとめ

今回は、Kokiさんが出演した「ヴァレンティノ」のビジュアル動画に批判が殺到し、動画を削除したことについてまとめてみました。