マラソン

初フルマラソン大会の前日の過ごし方・準備するものは?

初心者の私がフルマラソン 完走目指して3ヶ月前からトレーニングを開始しました。

当初は、全く走ることできませんでしたが、3ヶ月目になると、20キロを完走できるまでになりました。

大会前日にはトレーニングも終わり、あとは本番を待つだけとなっていました。

  • 前日はどんな風に過ごせばいいのか?
  • 前日はどのような食事をすればいいのか?
  • どのような物を準備すればいいのか?

などわからないことばかりで過ごしましたので、私が実際にフルマラソンを走った時の前日の過ごし方や食事や準備したものをお伝えします。

初フルマラソン大会前日の過ごし方

リラックスしている女の子今回、挑戦したフルマラソンは、規模の大きい大都市マラソン(大阪マラソンと京都マラソン)に参加しました。

大会の1週間前からトレーニングは、走ることをせずに軽くウォーキングする程度にしていました。
疲労を貯めてはいけませんので。

大会前日はトレーニングしませんでした。

大会の受付手続きに行く

私がフルマラソンに挑戦した大会は、大都市マラソン(大阪マラソンと京都マラソン)でしたので、受付が前々日と前日に行うものでした。

会場は、大会によって違いますが、スタート地点もしくは、ゴール地点に近い場所での受付会場の場合が多いです。
スタート地点の近くの会場ですと、当日は人混みもありますので、前日に交通手段などを確認しておくのもいいですよ。

会場は、受付だけでなく、スポンサーさんのブースや会場地域の特産品などの紹介ブースなどがあり、お祭り、イベント会場のようになっています。

楽しい雰囲気でテンションも上がり、明日の本番が楽しみになってきます!!

また、当日にエネルギー補給できるサプリやゼリー飲料などが販売されていますので、オススメのエネルギー補給材を用意できますよ。
初心者には、どのようなものを選べばいいかわかりませんので、スタッフの方が丁寧に教えてもらえますよ!!

大会前日の食事はどのようなものがいいの?

フルマラソンの食事方法として「カーボローディング」という方法があります。
これは、大会の3日前からエネルギー源となる炭水化物を多めにとり、体に蓄えるという方法になります。

それに従い、私は、3日前からご飯やうどんのメニューをメインにし、いつもより多めに取っていました。
(3日連続でうどんを食べてましたね。)

前日に取らない方がいいものは

  • 生もの
  • 脂肪分の多い料理
  • 繊維質なもの

などは避けたほうがいいですね。

スポンサーリンク

フルマラソン前日に準備するものは?

帽子と時計とウエストポーチフルマラソン参加の前日に準備するものは、やはり服装と持ち物です。

前日に全ての用意をしておくことをおすすめします。
当日は、朝も早いし気持ちも落ち着かないので、前日に用意しておきましょう。

私の大会に持ち物は、下記のようなものを用意しました。

  • ウェストポーチ
  • マラソン途中で飲むエネルギーゼリー
  • ランニングシューズ
  • ランニングウォッチ
  • 速乾性タオル
  • サングラス(あれば)
  • 帽子
  • UVケアー用品(紫外線対策)
  • 雨カッパ(ポンチョ)
  • 小銭
  • 当日終わって帰る時の服装

 

雨用のカッパ(ポンチョ)は、大きな透明のゴミ袋で頭と腕の部分を穴を開けて手作りしていました。
雨だけでなく、スタート時の待ち時間の寒さ対策にもなり、いらなくなった場合でも大会スタッフに処分をお願いできるので、便利でしたよ!

前日までに用意するものリストを作っておいて、そのリストを見ながら持ち物を用意すれば、時間の短縮と忘れ物防止になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

大会前日は、トレーニングはせず大会の用意などをして過ごしましょう。

大都市マラソンなどは、前々日や前日が受付になっていることが多いので、早めに受付を済ませてゆっくりすることをおすすめします。
そこで、当日のエネルギー補給材のゼリーなどの販売があるので、そこで用意するのいいですよ。

大会前日は、緊張や興奮で眠れないかもしれませんが、出来るだけ体を休めて睡眠を取れるようにしましょう!

*3ヶ月間の最後のトレーニングについて書いてます。↓

公園で長距離
フルマラソンへ挑戦!運動苦手な主婦でも完走できた長距離走れる体力の作り方軽い気持ちからフルマラソンに挑戦することになった40代後半の主婦の3ヶ月間トレーニングをご紹介します。 もともと運動音痴で運動する習慣...