季節イベント

仙台七夕花火祭2022の穴場スポットや屋台は?混雑予想と駐車場についても!

仙台七夕花火祭は2022年で53回を迎える伝統的な花火大会です。

また、全国でも珍しく都市の中心部で打ち上げられる花火大会としても有名です。

そして仙台市民だけでなく、県外からも多くの人が訪れ混雑が予想されます。

そこで気になるのが、ゆったりと見学できる穴場スポットや屋台があるのかなどではないでしょうか。

今回は、仙台七夕花火祭の穴場スポットや屋台についてまとめてみました。

また、混雑予想や駐車場の情報も調べてみました。

仙台七夕花火祭2022の日程と時間は

  • 日程:2022年8月5日(金)
  • 花火の時間:19時15分~20時15
  • 花火打上場所:東北大学の川内萩ホールから1万6,000発の花火を打ち上げる予定
  • 観覧場所:仙台西公園周辺

仙台七夕花火は仙台市の中心地の東北大学構内から打ち上がる全国でも珍しい花火大会になります。

会場のマップ

 

仙台七夕花火祭2022の穴場スポットを紹介!

仙台七夕花火祭では数カ所の有料観覧席と無料観覧席が設けられています。

しかし、仙台七夕花火祭は県外からも多くの方が訪れ混雑しそうです。

できれば、穴場でゆっくりみたいですよね。

いくつかの穴場スポットをご紹介します。

①穴場スポット:宮城県庁展望台

仙台七夕花火祭の会場から約2キロほど離れた場所となりますが、宮城県庁舎の18階にある展望ホールからも観賞することできます。(入場無料)

トイレの心配がありませんね。

②穴場スポット:宮城県美術館

宮城県美術館も会場から少し離れますが、美術館の広い敷地内で花火を楽しむことできます。混雑を避けることできそうです。

 

③穴場スポット:大橋

大橋からも花火を見ることができます。

 

スポンサーリンク

仙台七夕花火祭の有料観覧席と無料観覧席は?

仙台七夕花火祭には有料観覧席と無料観覧席の設定があります。

有料観覧席の場所と料金は?

  • 青葉山交流広場 イス 1人席 5,000円(税込)
  • 東北大学グラウンド イス ペア席(2人席) 7,000円(税込)
  • 国際センター駅前広場 イス ペア席(2人席) 15,000円(税込)←完売しています。

 

無料観覧席の場所と収容人数・開場時間

  • 仙台二校 収容人数:10,000人 開場:16:00
  • お花見広場 収容人数:6,500人 開場:15:30
  • 中ノ瀬グランド 収容人数:20,000人 開場:15:30
  • 大町西公園 収容人数:4,000人 開場:15:30

スポンサーリンク

仙台七夕花火祭2022の屋台の出店は?

2022年の仙台七夕花火祭は会場での飲食物の販売は中止により、屋台の出店はありません。

個人での飲⾷物の持ち込みは可能となっていますが、感染症対策によりアルコール類、蓋のない飲料は持ち込み不可となります。

コロナ禍での開催となりますので、仕方がないですね。

例年ですと、仙台名物の牛タンや焼きそば、串焼き、たこ焼き、綿あめ、とうもろこしなど多くの屋台が並んでいました。

翌日から始まる仙台七夕まつり2022では、仙台市中心部と周辺の商店街で屋台の出店がありそうなので、花火の当日も出店しているかもしれません。

仙台七夕まつり花火祭の混雑予想は?

仙台七夕まつり花火祭は例年50万人の見学客で賑わいますので、かなりの混雑となりそうです。

交通規制も一部においては、終日という場所もあり、会場周辺は18時から22時あたりまで交通規制されています。

交通規制の詳しい情報は、仙台七夕まつり公式サイトをご確認ください。

交通規制等がありますので、できるだけ公共交通機関のご利用していただくのがいいと思いますね。

公共交通機関についても、臨時便やバスのルート変更なども計画されていますので、こちらも仙台七夕まつり公式サイトをご確認ください。

混雑を避ける方法は?

仙台七夕まつり花火祭は大変人気で大規模な花火大会なので、混雑を避けるのは難しいかもしれません。

人出を避けるためには、花火開始の1時間〜2時間ほど前に会場に向い、花火終了の15分前から会場から出るようにしておくのがいいかもしれません。

花火終了後、地下鉄の川内駅・国際センター駅・大町西公園駅では、入場制限がかかる場合があるのでご注意ください。

また、駅での混雑を避けるために駅に着いた時に帰りの切符や交通系電子カードのチャージなどをしておくのもいいと思います。

仙台七夕まつり花火祭の駐車場は?

仙台七夕まつり花火祭の専用駐車場はありません。

会場が街中ということもあり、地下鉄、バスの利用が便利かと思います。

ただ、どうしても車で移動が必要な方いらっしゃると思いますので、会場周辺の有料駐車場に停めて公共交通機関で移動されることをおすすめします。

会場周辺の駐車場をご紹介します。

NPC24Hヨドバシマルチメディア仙台P2パーキング

仙台駅すぐに位置し、24時間入出庫できるので便利。

  • 7:00~21:00:30分/20円
  • 平日24時間:1000円
  • 土日祝24時間:1200円

 

仙台駅屋上駐車場

仙台駅の屋上駐車場ですので、移動がすぐでき便利です。こちらも24時間営業。

  • 【6時〜22時】30分210円 【22時〜6時】30分150円
  • 最大料金:【18時〜9時】1050円/【0時〜24時】1日最大2100円

 

駐車場を事前に予約しておく!

仙台駅周辺には大小の駐車場がありますが、当日は駅前も混み合うことが予想されます。

事前に駐車場の予約をしておくと、駐車場が満車でウロウロすることなく安心ですね。

↓こちらから無料登録しておくと、全国人気観光地や施設の駐車場を事前に予約できますよ。

まとめ

今回は仙台七夕まつり花火祭の穴場スポットや屋台についてまとめてみました。

コロナ禍での開催ということもあり、会場での屋台出店はありません。

仙台七夕まつり花火祭は人気で規模の大きい花火祭ですので、会場近くは混雑しそうです。

穴場スポットは少し離れた場所ですが、ゆったりと見ることできるかと思われます。

そして、当日は会場周辺で交通規制も行われ、専用駐車場もありませんので、公共交通機関の利用がおすすめです。

混雑を避けるため、会場には早めに行き、帰りも花火終了前に会場を後にするのがおすすめです。

当日は、仙台七夕まつり花火祭を楽しみたいですね!