季節イベント

しぶんぎ座流星群2023福岡の方角やピークの時間は?おすすめ観測スポットも!

しぶんぎ座流星群は毎年1月初めにピークを向かえる流星群で、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。

ただ、しぶんぎ座流星群は、活発な活動期間が短いことなどから、流星を多く見える年は限られます。

2023年初めての流星群となるしぶんぎ座流星群をたくさん見える期間や方角などが気になりますね。

そこで今回は、2023年のしぶんぎ座流星群を福岡で楽しめる方角やピークを迎える時間をまとめています。

また、しぶんぎ座流星群を観測できるおすすめスポットもご紹介していきます!

この記事でわかること

  • しぶんぎ座流星群2023福岡で見える方角とピーク時間は?
  • しぶんぎ座流星群2023福岡のおすすめ観測スポット(場所)5選!
  • しぶんぎ座流星群2023福岡の天気は?

 

しぶんぎ座流星群2023福岡で見える方角とピーク時間は?

しぶんぎ座流星群2023年は1月4日(水)12時頃にピークを迎えます。

この時間帯は、日本では昼間の時間帯となってしまうため、普通には観察することができませんので、日の出前の4日の未明が見ごろとなります。

では、具体的な時間を見ると、4時台に月が沈み、5時頃に観察条件が良く始め日の出が7時20分ごろになりますので、それまでの時間が観測に一番いい時間となりそうです。

福岡で見える方角は一定の方向というわけではなく、放射点を中心に放射状に星が流れますので、空全体から流れ星を見ることできます。

  • しぶんぎ座流星群:1月4日(水)4時頃〜7時過ぎの日の出前
  • 福岡で見える方角:一定の方角でなく全方角で見える

そして、夜空の広い範囲を見渡すように観測すると流れ星が見つけやすくなります。

しぶんぎ座流星群の観測できる流星の数は1時間あたり25個程度と言われています。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2023福岡のおすすめ観測スポット(場所)5選!

福岡でしぶんぎ座流星群を見渡せて観察できるおすすめの観測スポット(場所)5選をご紹介しますね。

  • 星の文化館
  • 米の山展望台
  • 大峰山展望台
  • 油山片江展望台
  • 愛宕神社

では詳しくご紹介しますね。

おすすめ観測スポット:星の文化館

星の文化館はいつでも星が見れる公開天文台となっています!昼間から望遠鏡が公開されている全国的にも稀な天文台になっています。 

星を観測するにはおすすめの場所です!

 

【所在地】福岡県八女市星野村10828−1

おすすめ観測スポット:米の山展望台

博多湾や福岡市街を見渡せる標高594mの米の山展望台は、夜景スポットとしても有名ですね。

米の山展望台までの道中は車でしか行けませんが、山頂から見られる星空は美しく感動します。  

【所在地】福岡県糟屋郡篠栗町若杉209

おすすめ観測スポット:大峰山展望台

大峰山展望台は、海と山に囲まれた場所なので、街灯が少なく星空を見るのには最適な場所となります!

おすすめ観測スポット:油山片江展望台

油山片江展望台は福岡市街を一望できる夜景スポットです。

駐車場も完備されています

 

おすすめ観測スポット:愛宕神社

愛宕神社は、パワースポットとしても有名で、境内に展望台が設置されて星を観測するのもおすすめのスポットです。
福岡市内からも近く、アクセスも良好で駐車場も完備されています。

しぶんぎ座流星群2023福岡の天気は?

しぶんぎ座流星群2023の福岡の天気は晴れ予想となっています。

少し雲があるかと思いますが、観測は可能と思います!

まとめ

今回は、しぶんぎ座流星群2023の福岡の方角やピークの時間についてまとめてみました。

しぶんぎ座流星群は一定の方向で見えるのではなく、放射点を中心に放射状に星が流れるので、空全体で流れ星を見ることできます。

しぶんぎ座流星群の福岡でピークを迎える時間は1月1日4時〜5時ごろの明け方です。

しぶんぎ座流星群が見える場所5選をお届けしましたが、街の明かりが少なく空全体を見渡せる場所でも見ることできます!

屋外の暗さに目が慣れるまでに時間がかかりますが、防寒の準備を万全にして楽しみましょう!