ニュース

台風10号(ミリネ)の進路予想とオリンピック閉会式への影響は?

2021年8月5日に台風10号が発生したと気象庁から発表されました。

先に台風9号が発生し、続いて台風11号も発生したことも発表されました。

日本付近には3つの台風・トリプル台風が発生しています。

それぞれの台風は日本列島にどのように影響がでてくるのでしょうか?

そして、盛り上がっているオリンピックへの影響も心配なところですよね。

そこで、今回は台風10号の予想進路とオリンピックへの影響をみていきたいと思います。

 

台風10号 気象庁の進路予想

2021年8月4日に台風9号が発生していて、翌日の5日に台風10号、11号が連続で発生したと気象庁から発表されています。

台風10号は「ミリネ」と名付けられました。

「ミリネ」とは韓国が用意した名前で「天の川」に由来しています。

台風の名前は「台風委員会」(日本を含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が予め140用意されていて、発生順に台風に名前をつけられていきます。

では台風10号の進路予想(5日15:00)と気象予想

本日15時、沖縄本島周辺で台風10号(ミリネ)が発生しました。沖縄県は今夜にかけて、奄美地方では明日6日(金)にかけて大雨や強風、高波など荒天に警戒が必要です。夜間は安全な場所でお過ごしください。 台風10号はその後は週末にかけて西日本の南岸を北東に進み、7日(土)から8日(日)頃に東日本に接近する可能性があります。

また、9号11号の進路予想

気象庁からの台風10号に関する情報

2021年8月5日18時45分

 

令和3年 台風第10号に関する情報 第2号 (位置)
2021年08月05日18時45分 気象庁発表

 台風第10号は、那覇市の北東約120キロを
1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。

 台風第10号は、5日18時には
那覇市の北東約120キロの
北緯26度55分、東経128度35分にあって、
1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は992ヘクトパスカル
最大風速は18メートル、
最大瞬間風速は25メートルで
中心から半径280キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 台風の中心は、24時間後の6日18時には
奄美大島の東約190キロの
北緯28度00分、東経131度25分を中心とする
半径95キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は990ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は20メートル、
最大瞬間風速は30メートルが予想されます。
 なお、台風の中心が予報円に入る確率は70%です。

今後の台風情報にご注意下さい。

気象庁 台風情報

台風は海面の温度が高い(26℃以上)で台風が発生しやすく大きくなると言われています。

気象庁の海面水温を見ると、日本列島の海面の温度が高いことがわかります。

沖縄付近や小笠原諸島あたりは海面水温が高く、温帯低気圧が発生しやすく台風のたまごができやすい状況のようですね。

スポンサーリンク

台風10号のオリンピック・閉会式への影響は?

5日現在の進路予想では、8日15時にもっとも関東地域に近づく予報となっています。

現在、東京オリンピックが開催されていますが、8日は競技の最終日となります。

競技スケジュールでは下の通りです。

  • 陸上男子マラソン
  • バレーボール
  • 水球男子
  • 自転車・トラック
  • ハンドボール
  • 新体操女子
  • バスケットボール女子
  • ボクシング女子

陸上男子マラソンは北海道・札幌市で行われますので、台風の影響はないと思われますね。

その他の競技についても室内競技となりますので、そのまま行われ台風の影響はないかと思われます。

 

競技の後、東京オリンピックの閉会式が行われる予定となっています。

東京オリンピックの閉会式の開催時間は

8月8日(日)20:00〜22:30

となっています。

場所はオリンピックスタジアムとなっています。

 

台風10号の影響について、現在のところ8日15時ごろがもっとも関東に近づく予定ですので、閉会式の頃には台風は抜けていると思います。

最新の情報があり次第、こちらも追記していきます!