開運

天赦日とは?最高に縁起のいい日!財布・宝くじの他に何をするのがおすすめ!

天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)って、ご存知でしょうか?

天赦日は日本の歴で最も吉日と言われている日なのです。
1年にだいたい5〜6回ほどあります。

何か特別なことをする日などは、縁起のいい日を気にしたりしますよね。
例えば、結婚式や引っ越しなどは縁起のいい日を選んだり、金運や開運を願い宝くじを買う日を調べたり。。。。

何か始めるにもやっぱり縁起のいい日から始めたいものですね。

では、天赦日って、どんな縁起のいい日なのでしょうか。

天赦日とは?最高に縁起のいい日?!

ハリネズミ 縁起天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)とは、日本の古くからの歴の上で最高の吉日とされる日なのです。

天赦とは、「百神が天に昇り、天が地上の万物の罪を赦(ゆる)す」と言う意味が含まれています。
神が何事も許す日と言うこともあり、新しいことを始まるにはもっと良い日と言われています。

天赦日は年に5〜6回しかありませんが、四季(春夏秋冬)に各1回ずつあります。
四季のそれぞれに割当たられた縁起の良い十二支の組み合わせと季節を基準に決められています。
季節ごとに天赦日の読み方があります。

  • 春(立春): 戌寅(つちのえとら)
  • 夏(立夏): 甲午(きのえうま)
  • 秋(立秋): 戌申(つちのえさる)
  • 冬(立冬): 申子(きのえね)

年に数回しかない天赦日にはどんなご利益があるのでしょうか。

スポンサーリンク

天赦日のご利益とは?

天赦日にはご利益があると言われてます。

この日に良い行いをしたり、人助けをするといつも以上に大きな力がご利益があると信じられています。

金運上昇などが期待できるとも言われてますよ。だから、宝くじ売り場などにのぼりがあったりしますね。

スポンサーリンク

天赦日に何をすれば良いの?お財布や宝くじを買う?

金運 あひる天赦日にした方が良いと言われていることが

  • 財布の新調
  • 宝くじの購入
  • 新しいことへの挑戦
  • 結婚・入籍

などです。

ただ、人生を変えるような大きな出来事を日本の暦だけで決めて走ってしまうのは大きなリスクもあると思います。

財布を変えてみるとか、普段買わない宝くじなどに少し挑戦して、ゲン担ぎをしてみるぐらいが楽しいかと思いますね。

まとめ

天赦日は、日本の古くからの暦の最高に縁起のいい日と言われている日のことでした。
この日に新しい事を始めるに縁起が良いとされています。

ただ、これらは日本の暦と季節で決められているもので、天赦日だけで人生をかけるような決断はしない方がいいかなと思いました^^;