タレント

上島竜兵の嫁や子どもは?関西出身でダチョウ倶楽部結成はいつ?

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが2022年5月11日に亡くなられていたことがわかりました。

上島竜兵さんというと、ボケ役でリアクション芸でお茶の間に愛されキャラでした。

上島竜兵さんの嫁は元芸能人で現在は引退しているそうですが、嫁との馴れ初めや子どもについても調べてみました。

また、上島竜兵さんの出身やお笑いコンビのダチョウ倶楽部の結成についてもお伝えします。

上島竜兵の嫁や子どもは?

上島竜兵さんの嫁は広川ひかるさんで、以前はタレントとして芸能界で活躍していました。

広川ひかるさんは、1970年10月6日生まれの現在、年齢が51歳となります。

上島竜兵さんが33歳、広川ひかるさん23歳の10歳差婚でした。

嫁の広川ひかるさんと上島竜兵さんとの馴れ初めは、1990年に広川ひかるさんがモノマネ番組で優勝し、その番組後に共演していたダチョウ倶楽部や大勢のタレントといっしょに飲みにいったことがきっかけだったそうです。

3年半ほど交際したころに上島竜兵さんから「結婚してよ」とのプロポーズだったそうです。

交際中はふたりでプロレス観戦デートされていたそうです。

 

広川ひかるさんは、結婚後タレント業をお休みされていましたが、最近はモノマネ番組やレポーターなどタレント活動を再開していました。

2019年には芸名を『ピーコポンコ』で活動されています。

上島竜兵の子どもは?

島竜兵さんと広川ひかるさんとの間には子どもはいません

子どもをつくらなかったのか不妊治療されていたのかは不明です。

ただ、以前メンバーの肥後克広さんの娘さんが父親が有名人ということでいじめに会ったことがあるとの記事がありましたので、そのことを気にされていたのかもしれませんね

上島竜兵さんは後輩の面倒見もよく、芸風にも優しさのありお子さんがいたら、デレデレのお父さんになっていたでしょうね。

 

スポンサーリンク

上島竜兵の出身地は関西?関西弁を話す?

上島竜兵さんは実は兵庫県の出身なのです。

普段、関西弁を話すことがないので驚きですね。

上島竜兵さんは、兵庫県丹波市の出身で、神戸市北区で育っています。

高校は神戸村野工業高等学校に進学し、卒業まで神戸にいました。

元々俳優志望で上京し、青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍していました。

そこで同じ劇団員の寺門ジモンさんと出会い、お笑いの世界にいくことになります。

スポンサーリンク

ダチョウ倶楽部結成はいつ?

上島竜兵さんと寺門ジモンさんとの出会いから、芸人のコント赤信号だった渡辺正行さんを訪ねたのがきっかけで、お笑いの道にいくことになります。

その時、渡辺正行さんに南部虎弾さんと肥後克広さんを紹介してもらい、ダチョウ倶楽部の原型となりました。

  • 1985年 ダチョウ倶楽部(南部虎弾、肥後克広、上島竜兵、寺門ジモン)結成
  • 1987年 南部虎弾がダチョウ倶楽部を脱退
  • 1987年〜ダチョウ倶楽部3名で活動

 

南部虎弾さん脱退して、今の3人の形となりテレビで活動する機会が増え、ダチョウ倶楽部の人気となっていきました。

ダチョウ倶楽部の3人の掛け合いが面白いギャグも多く生まれ笑わせてもらいました!

 

まとめ

今回はダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなられていたとの報道があり、上島竜兵さんについて「上島竜兵の嫁や子どもは?関西出身でダチョウ倶楽部結成はいつ?」と題してまとめてみました。

上島竜兵さんの嫁はタレントの広川ひかるさんで、お二人には子どもはいませんでした。

上島竜兵さんは神戸育ちで高校卒業後、俳優希望で上京しています。

1985年に当初4名でダチョウ倶楽部を結成ましたが、1名脱退し、現在のダチョウ倶楽部となりたくさんのギャグが生まれていました。

上島竜兵さんの御冥福をお祈り申し上げます。