ニュース

加藤勝彦(みずほ銀行)の出身高校大学や経歴を紹介!嫁や子供も調査!

みずほ銀行の新頭取に加藤勝彦氏が就任する方向で動いていることが報じられました。

当初、2021年4月1日付けで加藤勝彦常務執行役員から頭取に昇格となっていましたが、同年2月のシステム障害で人事が延期となっていました。

システム障害の責任を取る形でみずほ銀行の藤原弘治頭取が6月中に退任し、当初の予定通り加藤勝彦氏が昇格するようです。

今回、新頭取に昇格される加藤勝彦氏はどんな方なのでしょうか

年齢が現在55歳とのことなので、まだ若い方で気になる人も多いのではないかと感じます。

そこで今回は加藤勝彦新頭取について調べてみました

  • 加藤勝彦の出身大学はどこなのか?
  • みずほ銀行の頭取までの経歴は?
  • 加藤勝彦の嫁や子供は?

加藤勝彦(みずほ銀行)の出身高校・大学はどこ?

加藤勝彦新頭取は大学卒業後、1988年富士銀行(現みずほ銀行)に入行し、同行でのキャリアを積みこのほど頭取に就任予定となっています。

では、加藤勝彦新頭取の出身高校や大学を調べてみました。

加藤勝彦の出身高校は進学校!

加藤勝彦氏は、愛知県名古屋市出身で県内トップクラスの進学校である東海中学校・東海高等学校を卒業しています。

東海中学校・東海高等学校は名古屋市の中高一貫の男子校で偏差値73の進学校です。

さすがエリート出世の方は頭もいいのですね。

加藤勝彦氏の高校時代は剣道部に所属していて3段の腕前とのこと。

これぞ文武両道ですね。

加藤勝彦氏と東進ハイスクールの林修さんは同級生らしいです。

加藤勝彦の出身大学は?

加藤勝彦氏は東海高等学校を卒業後、慶應義塾大学商学部に進学しています。

慶應義塾大学商学部の偏差値は65。かなりの偏差値の高い大学になりますね。

1988年3月に慶應義塾大学商学部卒業後、同年4月に富士銀行(現みずほ銀行)に入行しています。

 

スポンサーリンク

加藤勝彦みずほ銀行の頭取までの経歴は?

加藤勝彦氏はみずほ銀行で15年以上のアジア圏での海外勤務の経験、及び8年間の国内営業の計23年間の現場経験が評価され頭取に就任となったようです。

そして、歴代の頭取の中でも最も長い現場経験で、これまでの頭取にはなかった現場を知る立場での経営戦略がみられるかもしれませんね。

では、加藤勝彦氏の経歴を詳しくご紹介します。

氏名:加藤勝彦(かとう かつひこ)
生年月日:1965年5月23日 (56歳)
出身地:愛知県名古屋市

1988年3月 慶應義塾大学商学部卒業

1988年4月 富士銀行入行(現みずほ銀行)
2013年11月 みずほ銀行 ハノイ支店長
2016年7月 同行ソウル支店長
2018年4月 同行執行役員ソウル支店長
2019年4月 同行執行役員名古屋営業部長
2020年4月 同行常務執行役員営業担当役員兼エリア長

 

スポンサーリンク

加藤勝彦(みずほ銀行)の嫁や子供は?

加藤勝彦氏の嫁や子供について調べてみましたが、一般の方でもあり情報がありませんでした。

おそらく奥様とお子さんがいらっしゃると思われますね。

ところで、加藤勝彦さんは見た目が若く見えますね。

加藤勝彦氏は2021年現在56歳ですが、お写真ではノーネクタイで髪型もラフなかんじなので、若くみえるのかもしれませんね

 

まとめ

今回はみずほ銀行の新頭取に加藤勝彦氏が就任する方向で動いていることが報じられていることを受けて、加藤勝彦氏について「加藤勝彦(みずほ銀行)の出身高校大学や経歴は?嫁や子供も調査!」と題して調べてみました!

加藤勝彦氏は愛知県名古屋市出身で東海高等学校卒業後、慶應義塾大学商学部に進学し、富士銀行に入行しました。

約15年間アジア圏での海外勤務と8年間の国内営業で現場経験の長く現場を知る新頭取で、これからのみずほ銀行の経営も変化していくかもしれませんね。